アンティークゴールド ブーケ押し花保存加工

白と紫のアネモネ押し花

アンティークゴールドは、押し花フレームの中では一番お値打ちながら、高級感もありスタッフおススメの額です。
赤い薔薇やカラフルなお花によく合います。お花の種類や色によっては、立体(レカンフラワー)より押し花のほうが綺麗に出来上がることがあります。
押し花フレームなら、特許取得の変色防止技術に真空状態にしますがら、半永久的に色も形も変わりません。押し花額は、薄くて飾りやすいというのもいい点ですね。新居に飾る最初のインテリアフレームが、こんな想い出の押し花フレームって素敵です~♪
ひまわり花束残したいシンプルフレーム アンティークゴールド 押し花商品詳細
サイズ:305×400mm
価格:
29,500円(税別)
*シンプルフレームには中マットの下部がにネームプレートがかならず入ります。
*シンプルフレームには
有料ネームプレートは付けれません。
2週間前までにお申込みで早期予約特典があります。→ 早期予約特典 押し花樹脂ストラップ

結婚式ブーケ保存加工|押し花アンティークゴールド商品紹介

結婚式のブーケや記念日の花束の保存加工を行っています、グリーンルームアトリエ由花の兵藤由花です。
この動画ではカタログだけでは分からない、実際の大きさや、出来上がりの具合を見て頂きたいと思います。
立体(レカンフラワー)と押し花がありますが、この動画では押し花の紹介をします。


花束を押し花で残す【アンティークゴールド額】のご紹介 

中マットの下部、中央に記念日と名前が入る「ネームプレート」になります。
当店の押し花加工の特徴は着色をしないということです。
変色防止のために、乾燥剤と脱酸素剤を入れて、最後に空気を抜いて真空状態にしていますので時間の経過による色の変わりはほとんどありません。特許をいくつも取得しております。
プリザーブドフラワーのような着色ではなく自然な色が綺麗に残るというところがとてもいい点です。
また、押し花フレームは薄いので飾りやすいというのもいい点です。
結婚式のブーケには幸せな思いがいっぱい詰まっています。是非あなたも結婚式のブーケ残してみてください。ご不明点がありましたら、グリーンルームアトリエ由花まで電話かLINE@、ホームページのお問合せからお問合せ下さいね。

大好きで愛着のあるブーケを押し花で残したい 花保存加工春日井

結婚式ブーケ保存加工専門店グリーンルームアトリエ由花スタッフのりえです。
おすすめのブーケフレームの紹介をしたいと思います
白いバラや白と紫のアネモネが入ったエレガントなクラッチブーケです。アネモネが大好きというお客様で、結婚式のときは時季外れの花だったのですがしっかりブーケに入っていたので嬉しく思い、是非このブーケを残したいと思ったそうです。

春日井市には加工してくれる花屋がなく、当店のホームページをみて、ここなら自分の思い通りにいいものを作ってくれそうということでご依頼いただき、お持ち込みいただきました。
ホームページで色々みて下さり、押し花がいい!とのことで押し花のシンプルアンティークゴールドでのご注文でした。
< ブーケお持ち込み時のお写真 >
白と紫のブーケ< 押し花に保存加工完成後のお写真 >
白と紫のアネモネ押し花白と紫のアネモネ押し花

お客様の声 KN様(愛知県春日井市市 男性)
前撮りで使用したブーケがとても素敵で、愛着がわきました。自宅で活けてもどんどん枯れていくのが悔しくて、調べてお電話しました。仕上りは、出来上がってみないと色の出方はわからない。ということでしたが、想像以上に「紫の色」がしっかり出ていて、大変気に入りました。グリーンルームさんは、素敵に仕上げてくださるので、きっとお気に召すと思いますよ。押し花の優しい風合いが自宅の中で癒してくれます。

グリーンルームより一言
アネモネがメインでフレームの中に入り、色合いもブーケの時と変わらない形で残すことが出来ました。
アンティークゴールドのフレームとも相性抜群ですね!白のアネモネですが、傷が目立つようなら入れなくても良いというご要望でしたが、傷もほとんど目立たず、しっかりとフレームの中に収められています。
大好きなお花と、結婚式の思い出を永久にフレームの中に収めることができ、受け取りに来られた時も「かわいい!」と言ってとても喜んでくださいました。電車の広告でグリーンルームを知ったそうです。
地下鉄の東山線でグリーンルームアトリエ由花の広告が窓に貼られているので是非探してみて下さいね。

『最愛』の意味がある11本の赤い薔薇はサプライズプロポーズのご紹介です。

赤いバラの花束。
プロポーズのお花では定番ですが、本数に想いを込めて贈られる方が多いですね。
M様に贈られた11本の赤バラ。『最愛』の彼女へ向けてのプレゼントでした。外国の方の「I love you.」はとてもナチュラルに聞こえるし、言うのも日常の様に思いますが、日本人は面と向かって「愛してます。」はなかなか照れてしまいます。

でもやはり『大好き』『一番』『愛してる』は聞きたい!! そんな想いを花束で表現されるって素敵ですよね。
いただいたお花に想いの丈が込められていると知った時には、きっと嬉しさもひとしおでしょう。
そんな最高のプレゼントを今回は押し花で加工いたしました。
< 花束お持ち込み時のお写真 >
赤いバラ< 押し花額に加工後のお写真 >
赤いバラ押し花彼の想いをそのまま残すよう、11本のバラを入れることを優先に。アンティーク風な額にnクラッチブーケ型に仕上げてほしいというM様のご希望に沿うよう、アレンジさせていただきました。
可愛らしいピンクのリボンを使いながら、フレームとバックカラーのお色の組み合わせ、お花を楕円状に施すことで、可愛くなりすぎず大人っぽい仕上がりになりました。
トーンが暗めになりやすい赤バラも、ピンクリボンや茎や葉のグリーンの使い方で、より明るい印象になりました。

受け取りにいらした際、残念ながら立ち会うことができませんでしたが、きっと喜んでくださっているでしょう。
お二人のこれから始まる新しい生活に、お二人の始まりの気持ちを思い起こさせてくれるブーケフレームがどこに飾られているか、想像するのも楽しみです。
この度は当店をお選びいただき、ありがとうございました。
プロポーズのお花&結婚式のブーケの他、お誕生日や還暦記念、優勝記念、ご自宅の季節のお花など、それぞれお持ち込みいただくお客様の想いがこもったお花を永久保存してお花をその時を愛でませんか?

 プロポーズでもらったサプライズプレゼント 幸せな瞬間を一生のこる想い出にする[春日井市花束保存加工専門店]

プロポーズでもらった花束をずっと見ていたらやっぱり残したいな…、残せるのかな…、ということでインターネットで“花束を残す名古屋”で検索されたそうです。グリーンルームのHPやブログで過去の制作事例を調べてみたらどれも可愛くて、どれも好みだったということでお電話を頂きました。
ご来店された決め手は、プロポーズでもらった大切なお花なので、どんなふうに加工できるのか、来店して相談しながら注文をしたかった!ということで、直接持ち込みのできるグリーンルームを選んで頂きました。

日曜日に花束をもらって、火曜日にお電話を頂きました。グリーンルームは月曜日と火曜日、第2・第4日曜日が定休日なので水曜日の営業時間中にお持ち込みいただきました。

綺麗に残すためにお伝えしたい、持ち込む際の4つの注意点

  1. 早くお持ち込みください。持ち込みまで、涼しい場所で保管をしてください。
  2. 花の顔に傷がつかないようにお持ち込みください。傷はそのまま残ってしまいます。
  3. 花の上から水を掛けないで下さい。霧吹きを掛けたり、雨がかかると色のしあがりが悪くなってしまいます。
  4. 現金で前払いになります。お預かりしたら鮮度が悪くなる前にすぐ加工をしますフレームの変更やキャンセルはできません。

過去の制作事例を見ながら、相談させていただきました。
お客様からのリクエストは、①お持ち込みいただいた11本の赤いバラを全部残したい ②彼からもらったジュエリーのラッピングリボンも入れてほしいというご依頼でした。
赤色のバラは、色素の関係でどうしても黒っぽくなってしまいます。グリーンルームでは立体と押し花と選べますが、赤バラの場合は押し花の方が赤い雰囲気はそのまま残りますので押し花をお勧めしております。
ご注文いただきまして、すぐに加工の作業に入ります。
バラは花びらを一枚一枚の押し花にしていきます。乾燥出来たら1枚ずつ、バラの種類の応じて一輪のバラに組みます。それを花数分作って、最後にバラの花束風にデザインしていきます。押し花は地道な作業で、とても手がかかります。
プロポーズの花束ということで彼の思いもこもっていますし、代わりのきかないお花ですのでそういうお花を丁寧に丁寧に一つ一つ手作業で心を込めて制作しております。
納品時に、お客様の笑顔がとっても嬉しそうで、こちらも苦労が報われました。お部屋に飾っていただければとっても嬉しいです。
これからお花の加工したいな~とご希望の方は、鮮度が命ですので、ご予算やデザインで迷ってる間に鮮度が悪くなります。迷う前にまずご連絡ください。いつ持ち込めるのかということとかもとても大事になります。そしてなるべう早くご来店ください。
花には思いが宿ります。結婚式のブーケ、記念日の花束、特別な花束など是非、残しましょう♪

お持ちいただいた花束
赤いバラの花束押し花に加工後のお写真
赤いバラの押し花

和装のボールブーケを残したい 保存方法とは? [押し花ブーケ保存加工専門店岐阜 ]

岐阜市のK様は3月1日に挙式を挙げられたお友達の結婚式に参列されて、そのブーケをもらって絶対残したい~!ということでグリーンルームにブーケ保存加工のご依頼をいただきました。
持ち込みになったのが3日後だったのですが、ブーケに使われている花を拝見して、「押し花の方が綺麗にできます」とアドバイスをさせて頂いて押し花でご注文を頂きました。
感動的に綺麗に出来上がりました!!生で見た時のブーケと、出来上がりと、変わりがないのではないかというほど綺麗に出来上がっていて、是非動画で紹介したいなと思いました。
通常、赤色のバラは黒くなりやすいのですが、とても綺麗な色です。菊もそのままの色で出来上がっています。
それぞれ花びら一枚一枚を押してからバラや菊の形を作って、それをブーケの形に組み立てています。ハートカズラやシキミヤもそのままの色ですね~♪。
菊の押し花は、とても気の遠くなるほど細かい作業です。菊の花びらを小さいものから大きいものまで1枚1枚押して押し花にします。そらが出来上がると、菊の種類の応じて1輪の菊に組んでいきます。1輪で100枚ほどの花びらがありますから、ブーケになると使われている花数が多いので、時間と手間がとてもかかる花です。

グリーンルームでは、記念日の花の加工やブーケの押し花加工を専門にしている変わった花屋です。今、手元にブーケがあって残したいかも!?と思っている方は、ご予算やデザインで悩む前にすぐにご連絡ください。
枯れてしまったり、傷んでしまうとどうしようも加工ができなくなってしまいます。新鮮なうちにまずはグリーンルームにご連絡ください。遠方の方は、送っていただくことができます。ご不明点などがありましたら、ご連絡ください。
ブーケお持ち込み時のお写真
和装ボールブーケ

出来上がりのお写真がこちら
和装ブールブーケ

 

プロポーズでもらっら白色のバラ108本★押し花で残す 【プロポーズ花加工専門店多治見岐阜】 


プロポーズで108本のバラをもらったというお客様の紹介をしますね。
108本というと、抱えきれないくらい大きな思い花束です!もうすごいですね~ 「どうして白色なんですか~?」とお聞きすると、『赤いバラはもうあげたことがあるから~』とおっしゃってました。モデルさんのように美男美女の素敵なお二人♡
108本のバラは、もちろん全部は入りませんので部分的に選んでご予算に応じてフレームを選んで頂きました。
アンティークゴールドMサイズです。この108本のバラがどのように生まれ変わったか、動画でご覧ください。
グリーンルームでは一つ一つ手作りで心を込めて作らせていただいております。プロポーズでサプライズの花束をもらったら、是非あなたも残してみてはいかがでしょうか!?
もらった時のキュンとする幸せな思いが押し花フレームでずっと残りますね♡
お持ち込み時のお写真
白いバラ108本の花束
押し花に加工後のお写真がこちら
白いバラ押し花額


 早期予約特典 押し花樹脂ストラップ

関連記事

  1. 押し花ボールブーケ

    シンプルホワイト正方形・ブーケ保存

  2. 押し花ハート

    ホワイト 押し花ブーケ保存

  3. 白と緑のブーケ押し花

    パールホワイト・押し花ブーケ保存

  4. 押し花花束

    シンプルホワイト ブーケ押し花保存

  5. シャンパンゴールド ブーケ保存

  6. 押し花茶色額

    ブラウンフレーム 押し花ブーケ保存

教室案内

  1. お花バイキング
  2. 指輪交換
  3. 花ボックス
PAGE TOP