アンティークゴールド ブーケ押し花保存

ひまわり花束残したい

お花の種類や色によっては、立体(レカンフラワー)より押し花のほうが綺麗に出来上がることがあります。
このアンティークゴールドは、押し花フレームの中では一番お値打ちながら、高級感もありスタッフおススメの額です。
赤い薔薇やカラフルなお花によく合います。
押し花フレームなら、特許取得の変色防止技術に真空状態にしますがら、半永久的に色も形も変わりません。押し花額は、薄くて飾りやすいというのもいい点ですね。
新居に飾る最初のインテリアフレームが、このような想い出の押し花フレームって素敵です~♪
ひまわり花束残したいシンプルフレーム アンティークゴールド 押し花
サイズ:305×400mm
価格:
29,500円(税別)
*シンプルフレームには中マットの下部がにネームプレートがかならず入ります。
*シンプルフレームには
有料ネームプレートは付けれません。

結婚式ブーケ保存加工|押し花アンティークゴールド商品紹介

結婚式のブーケや記念日の花束の保存加工を行っています、グリーンルームアトリエ由花の兵藤由花です。
この動画ではカタログだけでは分からない、実際の大きさとか、出来上がりの具合を動画で見て頂きたいと思います。
立体(レカンフラワー)と押し花がありますが、この動画では押し花の紹介をしたいと思います。

こちらは、シンプルフレームのアンティークゴールドです。

中マットの下部、中央がネームプレートになります。
当店の押し花加工の特徴は着色をしないということです。自然な色がそのまま残るというのが売りです♪
変色防止のために、乾燥剤と脱酸素剤を入れて、最後に空気を抜いて真空状態にしていますので時間の経過による色の変わりはほとんどありません。
特許をいくつも取得しております。プリザーブドフラワーのような着色ではなく自然な色が綺麗に残るというところがとてもいいと思います。
また、押し花フレームは薄いので飾りやすいというのもいい点ですよ。
結婚式のブーケには幸せな思いがいっぱい詰まっています。是非あなたも結婚式のブーケ残してみてください。ご不明点がありましたら、グリーンルームアトリエ由花まで電話かLINE@、ホームページのお問合せからお問合せ下さいね。

 プロポーズでもらったサプライズ赤色の薔薇花束を押し花で長持ちさせる方法 [春日井市花束保存加工専門店]

春日井市にお住いのK様よりプロポーズでもらった花束をずっと見ていたらやっぱり残したいな…、残せるのかな…、ということでインターネットで“花束を残す名古屋”で検索されたそうです、グリーンルームのHPやブログで過去の制作事例を調べてみたらどれも可愛くて、すごくタイプでいい感じだったということでお電話を頂きました。
またグリーンルームにご来店された決め手は、プロポーズでもらった大切なお花なので、どんなふうに加工できるのか、来店して相談しながら注文をしたかった!ということで、直接持ち込みのできるグリーンルームを選んで頂きました。

日曜日にもらったそうですが、火曜日にお電話を頂きました。グリーンルームは月曜日と火曜日、第2・第4日曜日が定休日なので水曜日の営業時間中にお持ち込みいただきました。

綺麗に残すためにお伝えしたい、持ち込む際の4つの注意点があります。
  1. なるべく涼しい場所で保管をしてください。
  2. 花の顔に傷がついてしまうとそのまま残ってしまいますので、傷がつかないように持ったりしてお持ち込みください。
  3. 花の上から雨など水分が当たると、加工をしたときに色が悪くなってしまいますので、水を掛けないこと。
  4. お預かりしたらすぐ加工をしないと鮮度が悪くなってしましますので受け付けましたら変更やキャンセルはできません。現金で前払いになります。

水曜日にご来店を頂き、店長の兵藤が対応させていただきました。
過去の事例を見ながら、こんな感じがいいという風で打ち合わせをさせていただきました。
お持ち込みいただいた花束は、11本の赤いバラが入っていたのですけれども、まずそれを全部残したい、11本数が入ってほしいというリクエスト、あとは、一緒にもらったジュエリーのラッピングに使ってあったリボンも入れてほしいというご依頼でした。

また、赤色のバラは、どうしても色素の関係で赤いバラは黒っぽくなってしまいますので、当店は立体と押し花と選べるのですが赤バラの場合は押し花の方が赤い雰囲気はそのまま残るので押し花をお勧めしております。
ご注文いただきまして、すぐに加工の作業に入ります。
バラの場合は花びらを全部一枚一枚の押し花を作っていきます。その一枚一枚にしたものが乾燥出来たら一つのバラに組んでまたそれを全部組んでバラの花束という風にしていきます。とっても手がかかります。

プロポーズの花束ということで彼の思いもこもっていますし、代わりのきかないお花ですのでそういうお花を丁寧に丁寧に一つ一つ手作業で心を込めて制作しております。
お客様の笑顔が見られてとっても嬉しかったです。

これからお花の加工したいな~とご希望の方は、鮮度が命ですので、なるべく早くご来店ください。ご予算やデザインで迷ってる間に鮮度が悪くなります。迷う前にまずご連絡ください。いつ持ち込めるのかということとかもとても大事になります。
花には思いが宿ります。結婚式のブーケ、記念日の花束、特別な花束など是非、残しましょう♪

 結婚式ボールブーケ残す保存加工方法 [押し花専門店]岐阜市 

岐阜市のK様は3月1日に挙式を挙げられたお友達の結婚式に参列されて、そのブーケをもらって絶対残したい~!ということでグリーンルームにブーケ保存加工のご依頼をいただきました。
持ち込みになったのが3日後だったのですが、ブーケに使われている花を拝見して、「押し花の方が綺麗にできますよ~」とアドバイスをさせて頂いて押し花でご注文を頂きました。
これが感動的に綺麗に出来上がっています!!生で見た時のブーケと、出来上がりと、変わりがないのではないかというほど綺麗に出来上がっていて、是非動画で紹介したいなと思いました。

通常、赤色のバラは黒くなりやすいのですが、とても綺麗な色です。菊もそのままの色で出来上がっています。
それぞれ花びら一枚一枚を押してからバラや菊の形を作って、それをブーケの形に組み立てています。
ハートカズラやシキミヤもそのままの色ですね~♪。
菊の押し花は、とても気の遠くなるほど細かい作業です。すべての菊の花びらを1枚1枚押してから、1輪の菊にしています。それがブーケになると数が多いので、時間と手間がとてもかかる花です。

グリーンルームでは、記念日の花の加工やブーケの押し花加工を専門にしている変わった花屋です。今、手元にブーケがあって残したいかも!?と思っている方は、ご予算やデザインで悩む前にすぐにご連絡ください。
枯れてしまったり、傷んでしまうとどうしようも加工ができなくなってしまいます。新鮮なうちにまずはグリーンルームにご連絡ください。遠方の方は、送っていただくことができます。ご不明点などがありましたら、ご連絡ください。

プロポーズ花束は白色のバラ108本★押し花で残すプロポーズ花加工専門店多治見 

皆さんこんにちは。結婚式のブーケや花束の保存加工を行っています、グリーンルームアトリエ由花の兵藤由花です。
本日はプロポーズで108本のバラをもらったというお客様の紹介をしますね。
108本というと、抱えきれないくらい大きな思い花束です!もうすごいですね~ 「どうして白色なんですか~?」とお聞きすると、『赤いバラはもうあげたことがあるから~』とおっしゃってました。素敵なお二人♡
108本のバラは、もちろん全部は入りませんので部分的に選んでご予算に応じてフレームを選んで頂きました。
アンティークゴールドMサイズです。この108本のバラがどのように生まれ変わったか、動画でご覧ください。
グリーンルームでは一つ一つ手作りで心を込めて作らせていただいております。プロポーズでサプライズの花束をもらったら、是非あなたも残してみてはいかがでしょうか!?
もらった時のキュンとする幸せな思いが押し花フレームでずっと残りますね♡

関連記事

  1. 押し花フレーム

    パールホワイト・ブーケ保存

  2. シャンパンゴールド ブーケ保存

  3. 押し花花束

    シンプルホワイト ブーケ押し花保存

  4. 押し花ハート

    ホワイト 押し花ブーケ保存

  5. 押し花ボールブーケ

    シンプルホワイト正方形・ブーケ保存

  6. 押し花茶色額

    ブラウンフレーム 押し花ブーケ保存

教室案内

  1. 兵藤由花
  2. キャンドルマイスター
  3. ガーベラバスケット
  4. ネイチャープリント
PAGE TOP