赤い薔薇の残し方保存方法をご紹介*プロポーズ花束保存加工専門店名古屋

赤い花束

プロポーズで赤い薔薇の花束をもらう方が多いようですね。嬉しい瞬間、あのドキドキと感動をずっと残せる「ブーケフレーム」お花ってどうしたらのこせるの!?
赤色のバラはどうやってのこすのがおススメなの? など、皆さんの質問にお答えします。グリーンルームでプロポーズ花束保存加工の専門店です。数多くの制作例をがあるので、ブーケフレームの商品ご紹介をします。
赤い花は水分を抜くと色が濃くなります。黒っぽい感じになります。レカンフラワー(立体)でも加工はできますが、押し花のほうが赤い色はより近くでき上がります。
生花加工は鮮度が大事なので金額やデザインで迷う前に、まずは持ち込みが出来るかお電話くださいね! 

 結婚式のブーケや花束の保存加工専門店 グリーンルームアトリエ由花の兵藤です。

赤いバラの保存方法、残し方についてお話ししたいと思います。
最近プロポーズの花束で赤いバラを贈られる機会がとても増えていると思います。当店にはそのようなお客様が毎週のようにお持ち込みがあります。
押し花と立体(レカンフラワー)で残す方法があります。赤いバラの場合は押し花の方がおススメです。赤いバラは乾燥させると色素の関係で黒っぽくなってしまいます。
どういう色かというと、いたんで傷がついているところのような黒っぽい色になってしまいです。
立体(レカンフラワー)ですと全部が黒っぽい色になってしまうので、できれば押し花の方がおススメです。
押し花も立体(レカンフラワー)も、グリーンルームの加工方法は、プリザ―ブドフラワーのような着色は一切していません。花びらを一枚一枚押してそれをバラの形に組みなおして花束の形、ラウンドブーケの形、キャスケードブーケの形、という風でお客様のご要望に応じていろんな形でデザインができます。
見えない部分に、乾燥剤や脱酸素剤、そして最後には真空状態にして空気を完全に抜きますので色は半永久的です。特許をいくつもとっている確立された技術があります。
赤いバラの方は、ぜひ押し花額をご検討下さいね♪
過去の事例をいくつか紹介したいと思います。
事例紹介 お持ち込み頂いた時の花束↓
出来上がりがこちら↓ 

プロポーズの花束保存加工専門店 愛知名古屋市花屋

結婚式の花束や、ブーケの保存加工専門店、グリーンルームアトリエ由花の兵藤です。
本日はプロポーズでもらった赤い花束を残したいとのことでご注文を頂きました。赤いバラはどうしても色素の関係で乾燥させると黒っぽくなってしまうので押し花をお勧めして、押し花額で残されました。まずは持ち込まれた時の花束の様子をご覧ください。
花束を再現するように下に茎を出して花束を再現するようにデザインしました。プロポーズの記念の花束、是非皆様も残してみて下さい。

プロポーズのサプライズギフトでもらった記念の花束、赤い薔薇なんてロマンティックでいいですね~

記念の花ですから、残すなら押し花がオススメです!赤色の薔薇は水分を抜くと色素の関係で黒っぽくなります。
押し花なら立体のレカンフラワーよりは赤い印象が残るので当店ではおススメしています。
制作した額を結婚披露宴のウェルカムボードにしたり、新居を飾る最初のインテリアフレームになりますよね。

記念の花は代わりがきかないですからぜひ、鮮度がいいうちにお持ち込みくださいね。

白いキャスケードブーケの保存加工おススメ方法はこちら

ピンク色の花 保存加工おススメ方法はこちら

白いラウンドブーケの保存加工おススメ方法はこちら


フラワーアレンジメント教室お申し込み時はこちら

 このような作品はレカンフラワーレッスンで学ぶことができます。
体験レッスン詳細はこちら

関連記事

  1. アイビー

    自分でブーケを残す方法|自分でブーケ保存する

  2. よくある質問|ブーケ保存加工 

  3. ブライダルブーケと流れ

  4. レカンフラワーコンテスト作品募集開始

  5. キャスケードブーケ

    白いキャスケードブーケの保存【動画】おすすめ加工方法

  6. ピンク色の花束アレンジ保存【動画】おすすめ加工方法

  7. ラウンドブーケ

    白いラウンドブーケの保存【動画】おすすめ加工方法

  8. グリーンルームアトリエ由花会社紹介

  9. ナチュラルブーケ

    フラワーアレンジメント花束の注文 名東区花屋

教室案内

  1. お花バイキング
  2. 指輪交換
  3. 花ボックス
PAGE TOP