フラワーアレンジメント販売・スクールコラム

モダンウッド|プロポーズ赤バラ花束を花材追加でブーケ風にアレンジ|持ち込み時

赤い薔薇の保存方法をご紹介*プロポーズ花束保存加工専門店

赤色のバラはどうやってのこすのがおススメなの?

プ最近プロポーズで赤色の薔薇を贈られる機会がとても増えていると感じます。
プロポーズの花束保存専門店のアトリエ由花には、プロポーズで花束をもらったという幸せなお客様から毎日、お問合せをいただいています。

嬉しい瞬間、あのドキドキと感動をずっと残せる「ブーケフレーム」お花ってどうしたらのこせるの!?
赤色の薔薇はどうやってのこすのがおススメなの?
プロポーズでもらった薔薇の花束をキレイに残すにはどうしたらいい?

プロポーズ花束保存加工専門店のグリーンルームが皆さんの質問にお答えします。

赤色は乾燥させると黒っぽくなる

保存方法は押し花と立体(レカンフラワー)の2通りがあります。 押し花でもレカンフラワー(立体)でも乾燥加工はできますが、赤色の花はバラに限らず、水分を抜いて乾燥させると色が濃くなり、黒っぽい印象になります。花の種類や鮮度などによってどれくらいの黒っぽさになるかは、乾燥させてみないとわからないですが、生花加工は鮮度がとても大事なので、金額やデザインで迷う前に、まずは持ち込みが出来るか、お電話くださいね! 

押し花も立体(レカンフラワー)も、グリーンルームでは、プリザ―ブドフラワーのような着色は一切行いません。
花びらを一枚一枚押してそれをバラの形に組みなおし、花束の形ラウンドブーケの形キャスケードブーケの形など、お客様のご要望に応じていろんな形にデザインにします。
見えない部分に乾燥剤や脱酸素剤、そして最後には真空状態にして空気を完全に抜きますので、半永久的にお花の色が続きます。

花の保存には、47件の特許取得した技術がありますので、安心してお任せください。
プロポーズの花束を残したいとお考えの方は、ぜひご検討下さいね。

プロポーズの花束保存加工専門店 

プロポーズでもらった赤い花束を残したいとのことでご注文を頂きました。
赤色の薔薇はどうしても色素の関係で乾燥させると黒っぽくなってしまうので、押し花をお勧めして、押し花額で残されました。
まずは持ち込まれた時の花束の様子をご覧ください。
花束を再現するように、下に茎を出してデザインしました。

プロポーズのサプライズギフトでもらった記念の花束、赤い薔薇なんてロマンティックでいいですね。

記念の花ですから、残すなら押し花がオススメです!
お花の保存方法で、赤色の薔薇は水分を抜くと色素の関係で黒っぽくなります。
押し花なら立体のレカンフラワーよりは赤い印象が残るので当店ではおススメしています。
制作した額を結婚披露宴のウェルカムボードにしたり、新居を飾る最初のインテリアフレームになりますよね。

記念の花は代わりがきかないですから、キレイに残すためにもぜひ鮮度がいいうちにお持ち込みくださいね。

白いキャスケードブーケの保存加工おススメ方法はこちら

ピンク色の花 保存加工おススメ方法はこちら

白いラウンドブーケの保存加工おススメ方法はこちら

フラワーアレンジメント教室お申し込み時はこちら

プロポーズの花束保存アトリエ由花サイトにて、掲載している作品はレカンフラワーレッスンでも学ぶことができます。
体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事一覧