ブーケ保存加工ブログ

モダンウッド|プロポーズ赤バラ花束を花材追加でブーケ風にアレンジ|持ち込み時

赤色の薔薇の保存方法をご紹介

赤色のバラはどうやってのこすのがおススメなの?

最近プロポーズで赤色の薔薇を贈られる機会がとても増えていると感じます。
プロポーズの花束保存専門店のアトリエ由花には、プロポーズで花束をもらったという幸せなお客様から毎日、お問合せをいただいています。

嬉しい瞬間、あのドキドキと感動をずっと残せる「ブーケフレーム」お花ってどうしたらのこせるの!?
赤色の薔薇はどうやってのこすのがおススメなの?
プロポーズでもらった薔薇の花束をキレイに残すにはどうしたらいい?

プロポーズ花束保存加工専門店のグリーンルームが皆さんの質問にお答えします。

赤い薔薇の残し方[プロポーズ花束保存加工専門店]

 

赤色の薔薇の残し方|加工方法・色の変化

当店には連日、そのような幸せな花束をお持ち込み頂いて、加工をしているのですが、当店の加工方法は、いくつもの特許取得技術を使って、生花の水分を抜いてドライフラワーにしたものを、完全に密封しています。
水分を抜いて乾燥させると、どの色の花も、生花で見ているより色が濃くなりますが、赤色の薔薇というのは、乾燥させると元々の色素の関係で、今みているより3段階くらい黒くなってしまいます。
赤色を明るくする技術は日々進化していまが、赤色の薔薇の品種も何千種類とあるため、どの種類がどれくらい黒っぽくなるかは、乾燥させてみないとわからないです。
黒っぽくなった色を、シックでカッコいいとおっしゃるお客様も見えます。
メリットとしては、黒っぽく色なる分、長い間飾っても色が変わらないという点です。

女性の本音|こんな花束がいいな

接客していてよく聞かれるのが、赤色の薔薇にカスミソウとか、ほかの色の花が入っていればよかったのに~というご意見です。

プロポーズといえば、赤色の薔薇というイメージか、お持ち込み頂く割合も赤色の薔薇が7割を占めています。

グリーンルームおススメ|ピンク色の薔薇の花束

グリーンルームのおススメは、ピンク色の薔薇です。ピンク色は、すべての色の中で一番きれいにドライフラワーになる色です。しかもピンク色の薔薇の花言葉は、『愛の誓い』です。

それでもやっぱり赤色の薔薇を彼女にプレゼントしたい、というなら、赤色の薔薇とカスミソウを合わせた花束か、赤、ピンク、白などいろいろな色を混ぜた花束にしたり、驚きをプラスしたいなら、レインボーやトリコロールカラーの薔薇は珍しくて、喜ばれますよ。

花を残すには鮮度が大切です。花をもらったら、当日か翌日におもち込みいただきたいです。すぐにもって行けないなら、花をもらってから5時間以内にラッピングペーパーを外して水に浸けてください。遠方の方はネットから注文することができます。

特別な想い出を残すお手伝いを真心こめてしております。お気軽にご相談くださいね。スタッフ一同お待ちしております。営業時間外はLINEからのお問合せが便利です。

赤色は乾燥させると黒っぽくなる

保存方法は押し花と立体(レカンフラワー)の2通りがあります。 押し花でもレカンフラワー(立体)でも乾燥加工はできますが、赤色の花はバラに限らず、水分を抜いて乾燥させると色が濃くなり、黒っぽい印象になります。花の種類や鮮度などによってどれくらいの黒っぽさになるかは、乾燥させてみないとわからないですが、生花加工は鮮度がとても大事なので、金額やデザインで迷う前に、まずは持ち込みが出来るか、お電話くださいね! 

押し花も立体(レカンフラワー)も、グリーンルームでは、プリザ―ブドフラワーのような着色は一切行いません。
花びらを一枚一枚押してそれをバラの形に組みなおし、花束の形ラウンドブーケの形キャスケードブーケの形など、お客様のご要望に応じていろんな形にデザインにします。
見えない部分に乾燥剤や脱酸素剤、そして最後には真空状態にして空気を完全に抜きますので、半永久的にお花の色が続きます。

花の保存には、47件の特許取得した技術がありますので、安心してお任せください。
プロポーズの花束を残したいとお考えの方は、ぜひご検討下さいね。

プロポーズの花束保存加工専門店 

プロポーズでもらった赤い花束を残したいとのことでご注文を頂きました。
赤色の薔薇はどうしても色素の関係で乾燥させると黒っぽくなってしまうので、押し花をお勧めして、押し花額で残されました。
まずは持ち込まれた時の花束の様子をご覧ください。
花束を再現するように、下に茎を出してデザインしました。

プロポーズのサプライズギフトでもらった記念の花束、赤い薔薇なんてロマンティックでいいですね。

記念の花ですから、残すなら押し花がオススメです!
お花の保存方法で、赤色の薔薇は水分を抜くと色素の関係で黒っぽくなります。
押し花なら立体のレカンフラワーよりは赤い印象が残るので当店ではおススメしています。
制作した額を結婚披露宴のウェルカムボードにしたり、新居を飾る最初のインテリアフレームになりますよね。

記念の花は代わりがきかないですから、キレイに残すためにもぜひ鮮度がいいうちにお持ち込みくださいね。

白いキャスケードブーケの保存加工おススメ方法はこちら

ピンク色の花 保存加工おススメ方法はこちら

白いラウンドブーケの保存加工おススメ方法はこちら

フラワーアレンジメント教室お申し込み時はこちら

プロポーズの花束保存アトリエ由花サイトにて、掲載している作品はレカンフラワーレッスンでも学ぶことができます。
体験レッスン詳細はこちら

 

関連記事一覧