ブーケ保存加工ブログ

108本の薔薇で4つの額を作る 押し花例 デザイン集

押し花でクレッセントデザイン

純白は永遠にピュアで神聖なブライダルホワイトです。新しい新居の壁に飾る最初のインテリアフレームは、記念日の想い出がこもった純白のフレームが合います。きっと貴方の生活をキラキラさせて見守ってくれるはずです。

彼からのプロポーズで108本の赤いバラをもらったお客様から、花束の加工をご依頼頂きました。
108本というと一つの額に入れることはできません。(現在は、108本の薔薇も入れられるエレガントフレームがあります)
108本の素材をすべて生かしてデザインするなら、4つの額に分けて保存するのが一番きれいに収まります。

一つ目は三日月型のクレッセント、二つ目はハート型、三つ目は花束型、四つ目は写真を入れてお作りしました。
赤色の薔薇だけでも様々なバリエーションがあります。これはLLサイズです、額だけ見ると大きく見えますが、壁に何も飾っていないお部屋だとLLサイズがちょうど合います。
逆に、Mサイズくらいだと、お部屋に飾ると以外に小さく感じることがあります、こちらはLLサイズなので、インテリアにもばっちり映えるはずです。ナチュラルな色と自然素材の額ですから空間が優しさに包まれます。
最後は花束の紹介です。ラッピングペーパーもよく色があっていますね。
「こんな感じでもらった」と見るたびに思い出せる押し花額になったと思います。末永く飾っていただけると嬉しいです。
四つ目の額はお客様の写真が入っているため、ご紹介できませんが、とっても素敵です。ぜひご検討くださいね。

 

関連記事一覧